曲を簡単に弾く方法~ギター編(ベーシストも必見!!)~

こんにちは、ぴっこです☆


今回はギターを始めたばかりでも弾きたくても弾けない!という方のために、できるだけ簡単に弾く方法を紹介します。


~指一本でも曲が弾ける?!~

コードを弾くのも難しいという方は1つだけ指を使って弦を押さえて音を出してみましょう。


そのためにまずコードを検索します。単音で弾くと言っているのになぜコードを検索するのか!と思うかもしれませんが、まずはコード検索してみてください。

「(弾きたい曲名) コード」と検索すれば有名な曲であればほとんど出てきます。


特に弾きたい曲というのはないけど、何か弾いてみたいなと思う方は、ギタリストがよく使っているU-フレットというサイトがあるのでそこで見てみてください!


~実際に曲で弾いてみる~

例で、わたがし/back numberをやってみます。

曲をタップするとこのような画面が表示されます。

18-07-28-21-23-02-786_deco.jpg

今回はこの矢印のところは±0にしておいてください。わたがしは最初から±0になっていますが、なっていないものもあります。


下へスクロールすると、コードがたくさん出てきます。

コードがいっぱい並んでいますが各コードの最初の文字だけ見てください。

AmであればAだけを、Dm7であればDだけを見てください。


次にこの画像を見ていただきたいのですが、これを参考に弾いていきます。

18-07-28-20-49-55-517_deco.jpg

上から1,2,3,4,5,6弦となっています。下に書いてある数字がフレットです。


まず、サビの「想いが溢れたらどうやってどんなきっかけタイミングで」というところをやってみたいと思います。

コードはDm G C Amとなっているので最初の文字のD G C Aだけを見ます。


ここでさっきの画像の出番です!画像でまずはDを探します。

すると、たくさんあるのですがここでは4弦の開放を使いたいと思います。※開放とは指を抑えずに弦だけを弾くことです!


次はGなので今回は3弦の開放を使いたいと思います。


そして次のCは5弦の3フレットを押さえます。


Aは5弦の開放で実際に弾いてみます。


そうすると、指一本でも曲ができるのです!

この抑え方が一番簡単だと思って紹介したのですが、他にもたくさん押さえれるところがあるので別の方法でもチャレンジしてみてください!


ギターということで紹介したのですが、実はベースでも同じでギターの3,4,5,6弦がベースの1,2,3,4弦になるのでベースでも同じことができます。


ちなみに、今回押さえた指一本で弾いた音はルート音といいます。ぜひ、覚えておいてください!



ですが、やっぱり弦一本の音だとなんだか音が寂しいなと感じると思います。

指一本で弾けるようになったら、コードでも弾いてみてください!

U-フレットであれば押さえ方も親切に載せてくれているので練習するのには最適だと思います。



こうして、楽譜が読めなくても楽器を弾くことができるのです!



次回のぴっこの記事ではコードについてご紹介する予定です☆







この記事へのコメント