歌ってみたの録音からミックスまで細かく説明します!

こんにちは!Nonです!


今回は動画サイト(ニコニコ動画、YouTube等)に投稿する歌ってみたの音源を作るお話をしたいと思います。


これから歌ってみたをしたいという方向けの記事です。



まず手始めに、手前味噌で恐縮ですが僕が過去にニコニコ動画で歌ってみたをやっていた頃の実績を紹介しておきます。






クオリティ的に満足していないものも多々あるのですが参考程度になれば幸いです。



それでは僕なりの作り方をお伝えしていきたいと思います。






ステップ1・・・マイク選び



まずは歌を録るマイクを選びましょう。


マイクの種類にはコンデンサーマイク、ダイナミックマイクといった種類があります。


コンデンサーマイクの特徴としては、


・遠くの音まで拾う(感度が高い)ので静かな場所で使えば良い音で録れる。


・衝撃、振動、湿気に弱い。


・値段がちょっと高め


・ファンタム電源というものが必要なので、使うにはオーディオインターフェイスが必須。


ダイナミックマイクの特徴としては、


・ライブ向き


・丈夫で湿気にも強い


・指向性(音を拾いやすい角度)がマイクの正面だけなのでうるさい場所でも対応できる。




この2種類の中でもさらにいろんなマイクがあります。


基本的にはマイクの特性を調べて自分の声質に合いそうなマイクを選ぶのが無難かなと思います。





ステップ2・・・選曲



まずは自分が歌いたい曲を選びます。


オケ音源はニコカラを直接使ったりすると音質的によろしくありませんので、極力本家が公開しているオケ音源をダウンロードするようにして下さい。


オケが公開されている場合は本家動画の説明欄にリンクがあったり、ピアプロに音源があったりするのでチェックしてみて下さい。





ステップ3・・・録音



いよいよ録音です。録音にはDAWを使うことをおすすめします。


DAWとはデジタル・オーディオ・ワークステーションの略称で、これだけで録音やミックスや作曲まで出来てしまいます。


フリーのものだとStudio One freeが良い感じです。


ただStudio Oneはフリーだと外部のプラグインが使えないのでミックスなどで不便になることもあるかと思います。


お金に余裕のある方は製品版を買っておけばその悩みも解決しますよ。



それでは録音方法です。



1.まずDAWを開いてオケファイルをDAWにドラッグ&ドロップで読み込みます。その後ステレオで読み込むことを確認してOKをクリックします。


2.オケのトラックが作成されたと思います。今度はボーカルを録音するためのトラックを作りたいのでオケトラックの下の何もない場所で右クリックして「オーディオトラックを作成(モノ)」をクリックするとトラックが作成されます。


3.それではメインボーカルを録音していきましょう。先程作ったボーカルトラックのRECボタンをONにします。赤丸のような録音ボタンのようなやつです。これをONにしないと録音ボタンを押してもトラックに音が録音されないので注意です。


4.トラックのRECボタンをONにしたら、録音ボタンを押せば録音が始まります。コンデンサーマイクの場合は必ずファンタム電源をONにしましょう。録音するときは必ずヘッドフォンをしてください。そうしないとスピーカーから流れるオケの音まで録音されてしまいますし、なにより歌いにくい!笑




録音はできましたか?この方法でさらにトラックを追加してRECボタンを入れ直せば、ハモリを録音することだってできますよね♪わからないことがあればコメントで質問を受け付けていますのでぜひ。





ステップ4・・・ミックス



ミックスとは音量バランスや音質を整え、聴きやすく整える作業です。


ここではボーカルミックスで主に使うエフェクタープラグインの説明とともに、僕のミックスの工程を紹介していこうかと思います。




1.ボーカルのピッチ修正


これについては賛否両論あるかもしれませんが、どんなに歌が上手いプロ歌手でも作品として仕上げるにはこの作業は必須です。


僕が使っているピッチ補正プラグインはAuto-Tuneです。


これは有償プラグインなのですが、他のプラグインに比べて気持ち悪い補正感があまりなくて個人的にはかなり好きです。もちろんケロケロさせることもできますよ!



2.EQ(イコライザー)


EQとはイコライザーのことで、特定の周波数の音量だけを上げ下げできるエフェクターです。


わかりやすくいうと音質を変化(こもった音にしたりキラキラした音にしたりキンキンした音にしたりシャリシャリした音にしたり...)させることができるんですね。


逆に言えばこもったりキンキンしたりギラギラしたりシャリシャリしすぎて不快な音を下げて直すこともできるということです。


EQで特定の周波数を上げたり下げたりすることはブースト、カットと呼ぶことが多いです。


音と音が打ち消しあっているように聞こえるときにもEQは有効です。


どの周波数が打ち消しあっているのかを聞き分けるにはたくさんミックスをこなして経験を積む必要があります。



3.コンプレッサー


コンプレッサーとは音を圧縮するエフェクターです。


人間が演奏した音というのは少なからず音量にばらつきがあります。


特にボーカルなんかはAメロはそんなに声を張ってなくてもサビでテンションが上がってきて声が大きくなることが多いですよね?


小さいところと大きいところの差が大きすぎて聴きづらいことがあるのです。


ボーカルミックスではオケに小さいところが埋もれてしまうということもあるでしょう。


かと言って音量をあげると声を張ったところがうるさすぎる!!!!!笑


いったいどうしたらいいんや、、、というときにコンプレッサーの出番なわけです。


コンプレッサーは圧縮してくれるエフェクターですので大きな音を圧縮してくれるんです。


わかりやすくいうと、小さい音はそのままに大きすぎてうるさいところにコンプレッサーをかけてやればいいんです。


そうすれば音量差が少なくなってオケに埋もれることもなければ聴きづらいということもないのです。



4.ディレイ、リバーブ


ディレイ、リバーブとは空間系エフェクトのことです。エコーのようなもの。


その中でもディレイはやまびこのような効果を生むのですが、声が遅れて聞こえる間隔を短くしたり長くしたりすることもできます。


リバーブは残響です。ホールやアリーナ、体育館、トンネル、お風呂のような空間の響きを再現してくれるんですね。


空間系エフェクトは空間を演出する目的でも使えますが、すでに用意されている音(例...オケ音源)に別の場所で録った音源(例...ボーカル)を馴染ませる目的でも使えます。



5.マスタリング


マスタリングとはミックスが終わった音源の最終調整といったところです。インターネットに投稿する音源のマスタリングは音圧をあげる意味合いでやることが多いような気がします。(そんなことないか...?)


具体的に何をするかというと、気になるところをEQでちょこっと補正したり、曲の雰囲気に合うように音質を変えたり、コンプレッサーで全体を整えたりする作業です。


僕はマスタリングに関しては自信がないのでWAVESのL2とかL3とかのリミッター一つで簡易的にマスタリングしています。






ここまでこなせれば音源は完成です!ピッチ補正以外のエフェクターならStudio Oneに入っていますのでピッチ補正ソフトだけは別で用意した方が良いかと思います。動画にして投稿する方法も今後記事にしますのでお待ちくださいませ。次回はミックスについてさらに詳しく説明していきたいと思います!







エフェクトの詳しい使い方の記事も書きました!→歌ってみたのミックス~実際にエフェクトを触ってみよう~






もっと歌ってみたを投稿する人が増えることを楽しみにしています!
















この記事へのコメント