ギターの単音フレーズを弾きたい!



こんにちは、ぴっこです☆

今回は単音フレーズを弾いてみたいけど、そんなに指も動かないし上手く弾けない!という人のために、初心者と上級者の違いを比較してみたいと思います。


初心者と上級者の違い

単音フレーズが多い、いわゆるリードギターを弾いている人の音を聞かなくても見ただけで弾ける人か弾けない人かわかります。

その違いはギターのブリッジに指の側面(小指)をつけているかどうかです。

まずブリッジとは、
18-08-01-00-27-31-357_deco.jpg

この丸をしている部分のことです。

この辺に小指をつけておくのがポイントです。


単音を初めて弾く人は、だいたい小指をつけずに浮かして弦を弾いている場合が多いです。

小指をつけずに弾いていると、もっと音が増えてきた時に絶対に追いつかなくなります。


ほとんどの人が単音が弾けない理由は、(右利きギターの場合なら)左手が追いつかないからそれが問題だと思っていると思います。

意外とそうではなく、右手のほうが問題だったりします。

右手が追いついていないと、左手がいくら動いていても音が上手く出るはずがないからです。



弾けるようになるための練習方法

実際に曲で試して弾いてみる時に、まずは一気に弾いてみようとするのではなく、ワンフレーズずつ練習をしてみてください。

そのワンフレーズをゆっくりで大丈夫なので一定のリズムで弾けるようにしてください。

逆に言うと、最初から原曲の速さでやろうとするのはやめてください。

メトロノームを使うのをオススメします。

今ならアプリでもたくさんメトロノームがあるので、楽器をやっている人は絶対にダウンロードしておいてください。


ある程度覚えて弾けるようになってきたら、BPMを5ずつ上げていくことをオススメします。

5ずつだと徐々に上げていけば、上がったように感じずに原曲の速さに近づくことができます。

少しでもつまずいたら、テンポを落としてみたり、ずっとそのテンポでやり続けてください。


焦らず、ゆっくりです!!!



右手のポイントは、ピックを親指と人差し指で弾くという感覚ではなく、親指で弾くというのを意識してみてください!

人差し指はあくまでも添えているだけです。


さて、ここで手をグー✊にして親指だけを立ててみてください👍

あなたの親指はどこまで曲がりますか?

曲がれば曲がるほど、親指が柔らかく、早弾きもよくできるそうです。

私の知り合いでは、ほぼ90°に近いくらい親指が曲がっている人がいました(笑)


次に右手のピッキングについてです。

コードなど和音を弾く時は、ダウンとアップで弾こうとしますが、初めて単音を弾く人のほとんどがダウンだけで弾こうとします。

アップでも弾いてください!!

速く弾こうと思えば、ダウンが続いたり、アップが続いたりするほうが良いこともありますが、そこをあえてダウンアップを交互に弾いて練習をすることもあります。

ダウンアップを交互に弾くピッキング方法をオルタネイトピッキングと言います。

まずは、オルタネイトピッキングで練習をしてみてください。

そのうち、ここはダウン続きの方が良いのではないか?ここはアップ続きの方が良いのではないか?というようにわかってくると思うのでその時は変えてみましょう!


左手のポイントは、人差し指、中指、薬指、小指、全ての指を使って弾くようにしてください。

やっぱり、一番使いやすいのは人差し指と薬指なのでその2本を使いがちなのですが、そうすると速さに追いつかなくなります。

特に小指は使いにくいですが、小指をつかうようにトレーニングを積み重ねましょう。

それだけで一気に速さについていける近道になります。



ここからは、少しチャレンジしてみたい人だけで良いですが、場合によればハンマリングプリングといった奏法を利用することによってもっと速く弾けます。


・ハンマリングとは…?

ピッキング1回で2音を出す、そしてその2音目は叩いて音を出すという奏法です。(同じ弦上の音に限ります)


例えば、左手で6弦1フレットを押さえます。

右手で6弦を1回弾いた後に1フレットは押さえたまま、3フレットを叩くように押さえて音を出します。

これがハンマリングです。


・プリングとは…?

ピッキング1回で2音を出す、そしてその2音目は引っかいて音をだすという奏法です。(同じ弦上の音に限ります)


例えば、左手で6弦1フレットと3フレットを同時に押さえます。

右手で6弦を1回弾いた後に左手の3フレットの指を下に引っかくようにして音を出して、1フレットの音を出します。

これがプリングです。



ハンマリングもプリングも同じ弦上にある近い音であればすることが可能なので、やってみるとピッキングの数も減るので早弾きがしやすくなります☆


ちなみに、楽譜の数字の上にHPという記号がある場合があります。

それは、ハンマリングとプリングの略です。



ぜひ色んな奏法を試して、単音フレーズも弾けるようになってください!!









この記事へのコメント