めちゃくちゃ高い声の出し方(ミックスボイス)

こんにちは、Nonです。

今回はネットに歌を投稿したい人やバンドボーカリストも必見、高音の出し方についてです。

「最近はキーが高い曲が多くて歌いたくても歌えない!」っていう悩み、あなたにもあるかもしれません。

僕自身も歌ってみたをやっていた頃とかはhiA(高いラ)から上の音域は神の領域だと思っていましたw

1年前ぐらいから歌を習い始めたんですがその頃から先生の言うことを意識して歌っていたら急にめちゃくちゃ高い声が出せるようになりました。

今ではhihiA(高い高いラ)ぐらいまで出すことができます。

今回は高い声の出し方について僕の感覚を僕なりの言葉でお伝えしていこうと思います。





そもそも僕は高い声を出そうと思って練習していたわけではなく、歌の上達のため(綺麗な発声でラクに歌うため)に先生の言うことを実践していました。

先生からはずっと力を抜けと言われていました。

なので音が低くても高くても力みが全くない発声がベストだと思って歌い続けました。

すると日に日に高い音がラクに出せるようになってくるんですよ。

そうです。高い声を出すために絶対必要なこと、それは




脱力




とにかく力を抜くことです。

力を抜くとは言っても全身の力を抜くわけではありませんよ?声が出なくなってしまいますw

お腹には力がある程度入ってると思いますが、喉や首、肩は全く力は入っていません。でも感覚的には体のどこにも力が入っていないような、勝手に体から声が出ているような感覚です。寝てるときに近いです。

低音から高音までどれだけ音が高くなっても絶対に力を入れない、これは絶対条件です。

力む癖がついてしまうと、仮にたまたま高音が出せてもそれは絶対気持ちのいいものではありません、苦しそうな詰まった声です。



人によって歌う時の癖は違うので色んな方に効果的な練習方法を複数紹介していきます。






・フニャフニャの声で歌う



「お前歌う気あるんか!」と言われそうなやる気のない声で歌ってみましょう。僕はふざけているわけではありません。

これは僕が、力を抜くために効果的だと思った練習方法の一つです。





・鼻に響かせる



力を抜く意識だけしていると声が小さくなる!って言う方もいると思います。


その時は鼻に響かせて音量を稼ぎましょう。決して力で声を出そうとしてはいけません。


ミックスボイスと呼ばれる発声法は、裏声を鼻に響かせて音量を稼いでいるからラクに力強く発声できるのです。


それと、鼻に響かせる意識だけではおそらく上手くいかないので、脱力もきちんとします。


鼻に響かせる方法ですが、猫の鳴きマネをしてみましょう。


その声のまま何か歌ってみましょう。何か掴める感覚があるはず。





・変な声で歌ってみる



先ほどの鼻に響かせるのとアプローチが似ているのですが、とにかく変な声を出してみるというのはとても有効です。


どんな声かと言うと志村けんみたいな声とか、オペラ歌手みたいな太い声とかです。


先ほどの猫の鳴きマネもそうですが、これらの声は鼻によく響いている声なのです。






・声の出ていく方向を意識する


慣れないうちから前に声を飛ばすことだけを意識すると地声が強くなって力みがちです。

なので、声を真上に当てることを意識したり後ろに引いたりする意識をすれば高い声が出やすくなるかもしれません。

後ろに引くと裏声寄りになるはずです。真上を意識するとミックスボイスに近づける人もいるかもしれません。真上に声を当てることを意識してみましょう。

頭の真上に風船があることをイメージして、その風船を割るつもりで声を出してみましょう。






どうでしょう?なにか掴めましたか?

まとめると、高い声を出す方法は、力を極限まで抜いて鼻に響かせるということです。

皆さんのお役にたてれば幸いです。








この記事へのコメント