音楽を諦めてしまわないために



こんにちは、ぴっこです☆

音楽が大好きで歌や楽器を始めたけど、続かない人結構いますよね…


私が初めて音楽に関わったのは、エレクトーンでした。

習いに行っていたのですが、授業では集中できても自主練習がどうしても続かなくて、1年近くやっていたのにも関わらずやっぱり無理だなと思って断念してしまいました。

それ以降、やってもどうせ無理だと思って音楽はやらないでおこうと思いました。


ですが、音楽好きなことには変わりはなくてずっと音楽には触れていたので、やっぱり何か自分でも音楽をやりたいな…と思ってくるのです。

エレクトーンをやめて約10年経ったある日、バンドをやろうと友達から誘われてかっこいいな〜と憧れだったエレキギターを始めることにしました。

今度は習いに行くわけではないので全て自主練習でやっていかないといけないのです。


嫌だった自主練習の日々だったので、全然弾けないしやっぱり苦痛でした。


でも、ギターはそこから5年経った今でも続けています。


この差は一体何なのでしょうか?





それは


個人演奏なのか団体演奏なのか。



その違いです。


バンドというのは、だいたい3~5人ほどの数名による演奏になります。

エレクトーンは、個人演奏です。団体演奏をすることはできますが、私は個人演奏としてエレクトーンをやっていました。


なぜ、バンドだと続けられたかというと、
自分ができなければ周りが壊れるからです。

1人ができなければバンドは成り立ちません。

その責任感から積極的に自主練習もするようになりました。


楽器なんか最初は正直全然楽しくないです。

かっこいいというたった一言で始めても始めた時って何も知識がないから一切楽しくないです。


だから最初は無理やりでもいいです。

バンドなど団体演奏なら、自分が練習しないと演奏が成り立たないし、もっと言えば練習しないことによって友情関係だって壊れることだってあります。

みんな練習してくるのですから、練習しないやつがその中にいるともちろん良い気はしませんよね。


そんな状況に置かれて、無理やり練習しなければならないような状況になるのも良いのかもしれません。


私もバンドを始めた頃は、みんなで合わせる時もほとんど弾けなくて、しかも他のみんなはほとんど弾けているという状況でした。

そこで、自分は努力してないんだなということに気付いて嫌になりながらもみんなについていこうと必死に練習しました。


でも、何曲かできるようになってくるとだんだん練習をすることが楽しくなってきて、バンドに対しても本気になってきていました。




音楽が好きなら、ある程度できるようになったら絶対に音楽は楽しくなると思います。

そのある程度までできるようになるまでが難しいのです。


音楽は自分をどこまで追い込めるのかというのも大事になってきます。


個人演奏をしていて音楽を諦めたりしたことがある人は、一度団体演奏をやってみましょう!

自分の中で練習に対して何か変わることがあるかもしれません。


団体演奏ができるようになれば、音楽をやる楽しさを知ることができるので、個人演奏もできるようになってくると思います!


楽しく音楽ができるようになるまでは、たくさん苦労もしましょう。










この記事へのコメント